FIWARE Banner

FIWARE Core Context Management License: MIT NGSI v1 Support badge
Documentation

このチュートリアルは、コンテキスト・データをサードパーティのデータベースに保存し てコンテキストの履歴ビューを作成するために使用する汎用イネーブラである 、FIWARE Cygnus の概要です。 このチュートリアルでは 、前のチュートリアルで接続した IoT センサをアクティブにし、これらのセンサからの測定値をデータベースに保存してさ らに分析します。

このチュートリアルでは、全体で cUrl コマンドを使用してい ますが 、Postman documentation も利用できます。

Run in Postman


データの永続性

"History will be kind to me for I intend to write it."

— Winston Churchill

以前のチュートリアルでは、実世界の状態の測定値を提供する IoT センサと、Orion Context BrokerIoT Agent の 2 つの FIWARE コンポーネントを紹介しました 。このチュートリアルでは、新しいデータ永続化コンポーネント FIWARE Cygnus を 紹介します。

これまでのシステムは、現在のコンテキストを扱うように構築されています。つまり、与 えられた瞬間に現実のオブジェクトの状態を定義するデータ・エンティティを保持してい ます。

この定義から、コンテキストはシステムの現在の状態のみに関心があります。システ ムの履歴状態を報告するのは既存コンポーネントの責任ではありません。コンテキストは 、各センサが Context Broker に送信した最後の測定値に基づいています。

これを行うためには、コンテキストが更新されるたびに、状態の変化をデータベースに永 続化するために、既存のアーキテクチャを拡張する必要があります。

過去のコンテキスト・データを永続化することは、大規模なデータ分析に役立ちます。傾 向を発見するために使用することができます。また、データをサンプリングして集約して 、外部データ測定の影響を取り除くこともできます。ただし、各スマート・ソリューショ ンでは、各エンティティ型の重要性が異なり、エンティティと属性を異なるレートでサン プリングする必要があります。

コンテキスト・データを使用するためのビジネス要件はアプリケーションごとに異なりま すので、履歴データの永続化のための標準的な使用例は 1 つもありません。それぞれの 状況は固有のものであり、1 つのサイズがすべてに適合するケースではありません。した がって、Context Broker に履歴的なコンテキスト・データの永続性を与えることではな く、この役割は、構成可能な別のコンポーネント Cygnus に分離されています。

ご想像のとおり、オープンソース・プラットフォームの一部としての Cygnus は、デ ータの永続化に使用されるデータベースに関する技術に依存しません。使用するデータベ ースは、ビジネス・ニーズに応じて異なります。

ただし、この柔軟性を提供するにはコストがかかります。システムの各部分を個別に設定 し、必要な最小限のデータだけを通知するように通知を設定する必要があります。

デバイス・モニタ

このチュートリアルの目的のために、一連のダミー IoT デバイスが作成され、Context Broker に接続されます。使用しているアーキテクチャとプロトコルの詳細は 、IoT Sensors チュートリアルに あります。各デバイスの状態は、次の UltraLight デバイス・モニタの Web ページで確 認できます : http://localhost:3000/device/monitor

FIWARE Monitor

アーキテクチャ

このアプリケーションは 、前のチュートリアルで作成した コンポーネントと ダミー IoT デバイスをベースにしています。3 つの FIWARE コンポー ネントを使用します 。Orion Context Broker, IoT Agent for Ultralight 2.0, コンテキスト・データをデータベースに永続化するための Cygnus Generic Enabler を導入 しました。Orion Context Broker と IoT Agent の両方が MongoDB テクノロジを利用して保持している情報の永続性 を維持しています。MySQL, PostgreSQL, MongoDB データベースのいずれか で、履歴コンテキスト・データを永続化します。

したがって、全体のアーキテクチャーは以下の要素で構成されます :

  • 3 つの FIWARE 汎用イネーブラー :
    • FIWARE Orion Context Brokerは 、NGSI を使用 してリクエストを受信します
    • FIWARE IoT Agent for Ultralight 2.0 は 、Ultralight 2.0 フォーマットのダミー IoT デバイスからノース・バウンドの測定値を受信し 、Context Broker がコンテキスト・エンティティの状態を変更するための NGSI リクエス トに変換します
  • FIWARE Cygnus はコンテキストの変更をサブスクライブし、データベース (MySQL , PostgreSQL , MongoDB) に保持します。
  • 以下のデータベースの 1 つ、2 つまたは 3 つ :
    • 基礎となる MongoDB データベース :
      • Orion Context Broker が、データ・エンティティなどのコンテキスト ・データ情報を保持し、サブスクリプション、レジストレーションするため に使用します
      • IoT Agent がデバイスの URL やキーなどのデバイス情報を保持するた めに使用します
      • 履歴コンテキスト・データを保持するためのデータ・シンクとして潜在的に 使用します
    • 追加の PostgreSQL データベース :
      • 履歴データを保持するためのデータ・シンクとして潜在的に使用します
    • 追加の MySQL データベース :
      • 履歴データを保持するためのデータ・シンクとして潜在的に使用します
  • 3 つのコンテキストプロバイダ :
    • 在庫管理フロントエンドは、このチュートリアルで使用していません。これ は以下を行います :
      • 店舗情報を表示し、ユーザーがダミー IoT デバイスと対話できるようにし ます
      • 各店舗で購入できる商品を表示します
      • ユーザが製品を購入して在庫数を減らすことを許可します
    • HTTP 上で動作する Ultralight 2.0 プロトコルを使用して 、ダミー IoT デバイスの セットとして機能する Web サーバ
    • このチュートリアルでは、コンテキスト・プロバイダの NGSI proxy は使用 しません。これは以下を行います :
      • NGSI を使 用してリクエストを受信します
      • 独自の API を独自のフォーマットで使用して、公開されているデータ・ソ ースへのリクエストを行います
      • NGSI 形式 でコンテキスト・データ Orion Context Broker に返します

要素間のすべての対話は HTTP リクエストによって開始されるため、エンティティはコン テナ化され、公開されたポートから実行されます。

チュートリアルの各セクションの具体的なアーキテクチャについては、以下で説明します 。

前提条件

Dokcer と Docker Compose

物事を単純にするために、両方のコンポーネントが Docker を使用して実行されます。Docker は、さまざまコンポーネントをそれぞれの環境に 分離することを可能にするコンテナ・テクノロジです。

  • Docker Windows にインストールするには 、こちらの手順に従ってくださ い
  • Docker Mac にインストールするには 、こちらの手順に従ってください
  • Docker Linux にインストールするには 、こちらの手順に従ってください

Docker Compose は、マルチコンテナ Docker アプリケーションを定義して実行する ためのツールです 。YAML file ファイルは、アプリケーションのために必要なサービスを構成するために使用します。つ まり、すべてのコンテナ・サービスは 1 つのコマンドで呼び出すことができます 。Docker Compose は、デフォルトで Docker for Windows と Docker for Mac の一部と してインストールされますが、Linux ユーザ はここに記載されている手順に従う必要 があります。

次のコマンドを使用して、現在の Docker バージョンと Docker Compose バージ ョンを確認できます :

docker-compose -v
docker version

Docker バージョン 18.03 以降と Docker Compose 1.21 以上を使用していることを確認 し、必要に応じてアップグレードしてください。

Cygwin for Windows

シンプルな bash スクリプトを使用してサービスを開始します。Windows ユーザは cygwin をダウンロードして、Windows 上の Linux ディスト リビューションと同様のコマンドライン機能を提供する必要があります。

起動

開始する前に、必要な Docker イメージをローカルで取得または構築しておく必要があり ます。リポジトリを複製し、以下のコマンドを実行して必要なイメージを作成してくださ い :

git clone git@github.com:Fiware/tutorials.Historic-Context.git
cd tutorials.Historic-Context

./services create

その後、リポジトリ内で提供される services の Bash スクリプトを実行することによって、コマンドラインからすべてのサービスを初 期化できます :

./services <command>

ここで、<command> は、有効にしたいデータベースによって異なります。このコマンド は、前のチュートリアルのシード・データをインポートし、起動時にダミー IoT センサ をプロビジョニングします。

注: クリーンアップをやり直したい場合は、次のコマンド を使用して再起動することができます :

./services stop

MongoDB - コンテキスト・データをデータベースに永続化

MongoDB テクノロジーを使用して、履歴コンテキスト・データを永続化することは 、Orion Context Broker と IoT Agent に関連するデータを保持するために既に MongoDB インスタンスを使用しているため、比較的簡単に構成できます。MongoDB インスタンスは 標準 27017 ポートをリッスンしており、全体のアーキテクチャは以下のようになりま す :

MongoDB - データベース・サーバの設定

mongo-db:
    image: mongo:3.6
    hostname: mongo-db
    container_name: db-mongo
    ports:
        - "27017:27017"
    networks:
        - default
    command: --bind_ip_all --smallfiles

MongoDB - Cygnus の設定

cygnus:
    image: fiware/cygnus-ngsi:latest
    hostname: cygnus
    container_name: fiware-cygnus
    depends_on:
        - mongo-db
    networks:
        - default
    expose:
        - "5080"
    ports:
        - "5050:5050"
        - "5080:5080"
    environment:
        - "CYGNUS_MONGO_HOSTS=mongo-db:27017"
        - "CYGNUS_LOG_LEVEL=DEBUG"
        - "CYGNUS_SERVICE_PORT=5050"
        - "CYGNUS_API_PORT=5080"

cygnus コンテナは、2 つのポートでリッスンしています :

  • Cygnus のサブスクリプション・ポート : 5050 は、サービスが Orion context broker からの通知をリッスンするポートです
  • Cygnus の管理ポート : 5080は、純粋にチュートリアル・アクセスのために公開さ れているため、cUrl または Postman は同じネットワークの一部ではなくプロビジョ ニング・コマンドを作成できます

cygnus コンテナは、示されているように環境変数によって制御できます :

キー 説明
CYGNUS_MONGO_HOSTS mongo-db:27017 Cygnus が履歴コンテキスト・データを保持するために接続する MongoDB サーバのカンマ区切りリスト
CYGNUS_LOG_LEVEL DEBUG Cygnus のログレベル
CYGNUS_SERVICE_PORT 5050 コンテキスト・データの変更をサブスクライブするときに Cygnus がリッスンする通知ポート
CYGNUS_API_PORT 5080 Cygnus が操作上の理由でリッスンするポート

MongoDB - 起動

MongoDB データベースのみでシステムを起動するには、次のコマンドを実行します :

./services mongodb

Cygnus サービスの健全性をチェック

Cygnus が動作したら、公開されている CYGNUS_API_PORT ポートへの HTTP リクエスト を行うことでステータスを確認できます。レスポンスがブランクの場合、これは通常 、Cygnus が実行されていないか、別のポートでリッスンしているためです。

1 リクエスト :

curl -X GET \
  'http://localhost:5080/v1/version'

レスポンス :

レスポンスは次のようになります :

{
    "success": "true",
    "version": "1.8.0_SNAPSHOT.ed50706880829e97fd4cf926df434f1ef4fac147"
}

トラブルシューティング : レスポンスが空白の場合はどうなりますか?

  • Dokcer コンテナが動作していることを確認するには :
docker ps

いくつかのコンテナが走っているのを確認してください。cygnus が実行されていな い場合は、必要に応じてコンテナを再起動できます。

コンテキスト・データの生成

このチュートリアルでは、コンテキストが定期的に更新されるシステムを監視する必要が あります。ダミー IoT センサを使用してこれを行うことができます 。http://localhost:3000/device/monitor でデバイス・モニタのページを開き、ス マート・ドアのロックを解除し、スマート・ランプをオンにします。これは、ドロ ップ・ダウン・リストから適切なコマンドを選択し、send ボタンを押すことによって 行うことができます。デバイスからの測定値のストリームは、同じページに表示されます :

コンテキスト変更のサブスクライブ

動的コンテキスト・システムが起動したら、Cygnus にコンテキストの変更を通知す る必要があります。

これは、Orion Context Broker の /v2/subscription エンドポイントに POST リクエ ストを行うことによって行われます。

  • fiware-servicefiware-servicepath ヘッダは、サブスクリプションをフィ ルタリングして、接続されている IoT センサからの測定値だけをリッスンするため に使用します。センサがこれらの設定を使用してプロビジョニングされているためで す
  • リクエスト・ボディの idPattern は、すべてのコンテキスト・データの変更が Cygnus に通知されるようにします
  • 通知 url は設定された CYGNUS_API_PORT と一致する必要があります
  • Cygnus は現在、古い NGSI v1 形式の通知のみを受け付けているため 、attrsFormat=legacy が必要です
  • throttling 値は、変更がサンプリングされる割合を定義します

2 リクエスト :

curl -iX POST \
  'http://localhost:1026/v2/subscriptions' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'fiware-service: openiot' \
  -H 'fiware-servicepath: /' \
  -d '{
  "description": "Notify Cygnus of all context changes",
  "subject": {
    "entities": [
      {
        "idPattern": ".*"
      }
    ]
  },
  "notification": {
    "http": {
      "url": "http://cygnus:5050/notify"
    },
    "attrsFormat": "legacy"
  },
  "throttling": 5
}'

ご覧のとおり、コンテキスト・データを保持するために使用されるデータベースは、サブ スクリプションの詳細に影響を与えません。各データベースで同じです。レスポンスは 201 - Created です。

注 : Cygnus ログ内で次のフォームのエラーが表示さ れた場合 :

Received bad request from client.
cygnus         | org.apache.flume.source.http.HTTPBadRequestException: 'fiware-servicepath' header
value does not match the number of notified context responses

これは通常、"attrsFormat": "legacy" フラグが省略されているためです。

サブスクリプションが作成されている場合は、/v2/subscriptions エンドポイントに対 して GET リクエストを出すことで、それが起動しているかどうかを確認することができ ます。

3 リクエスト :

curl -X GET \
  'http://localhost:1026/v2/subscriptions/' \
  -H 'fiware-service: openiot' \
  -H 'fiware-servicepath: /'

レスポンス :

[
    {
        "id": "5b39d7c866df40ed84284174",
        "description": "Notify Cygnus of all context changes",
        "status": "active",
        "subject": {
            "entities": [
                {
                    "idPattern": ".*"
                }
            ],
            "condition": {
                "attrs": []
            }
        },
        "notification": {
            "timesSent": 158,
            "lastNotification": "2018-07-02T07:59:21.00Z",
            "attrs": [],
            "attrsFormat": "legacy",
            "http": {
                "url": "http://cygnus:5050/notify"
            },
            "lastSuccess": "2018-07-02T07:59:21.00Z"
        },
        "throttling": 5
    }
]

レスポンスの notification セクション内には、サブスクリプションの健全性を表すい くつかの追加の attributes があります

サブスクリプションの基準が満たされている場合、timesSent0 より大きくなけれ ばなりません。ゼロの値は、サブスクリプションの subject が間違っているか、サブ スクリプションが間違った fiware-service-path または fiware-service ヘッダで 作成されたことを示します

lastNotification は最近のタイム・スタンプでなければなりません。そうでなければ 、デバイスは定期的にデータを送信しません。 スマート・ドアのロックを解除し 、スマート・ランプをオンにすることを忘れないでください

lastSuccesslastNotification の日付と一致する必要があります。そうでない場 合、Cygnus はサブスクリプションを正しく受信していません。 ホスト名とポートが 正しいことを確認してください。

最後に、サブスクリプションの statusactive であることを確認します。期限切 れのサブスクリプションは起動しません。

MongoDB - データベースからデータを読み込む

コマンドラインから mongo-db データを読み込むには、コマンドライン・プロンプトを 表示するために、mongo ツールにアクセスして mongo イメージのインタラクティブ なインスタンスを実行する必要があります :

docker run -it --network fiware_default  --entrypoint /bin/bash mongo

次のようにコマンドラインを使用して、実行中の mongo-db データベースにログインで きます :

mongo --host mongo-db

MongoDB サーバ上で利用可能なデータベースを表示

使用可能なデータベースのリストを表示するには、次のように文を実行します :

クエリ :

show dbs

結果 :

admin          0.000GB
iotagentul     0.000GB
local          0.000GB
orion          0.000GB
orion-openiot  0.000GB
sth_openiot    0.000GB

結果には、デフォルトで MongoDB によって設定されている、2 つのデータベース adminlocal があり、FIWARE プラットフォームによって作成された 4 つのデー タベースも含まれています。Orion Context Broker は、それぞれの fiware-service に 2 つのデータベース・インスタンスを作成しました。

  • IoT デバイスのエンティティは、openiot fiware-service ヘッダを使用して作 成され、別々に保持されるのに対し、ストア・エンティティは、fiware-service を定義することなく作成され、したがって orion データベース内に保持されます 。 IoT Agent は、IoT センサ・データiotagentul という別の MongoDB デー タベースに保持するように初期化されました。

Orgn Context Broker に Cygnus をサブスクリプションした結果、sth_openiot という 新しいデータベースが作成されました。履歴コンテキストを保持する MongoDB デー タベースのデフォルト値は、sth_ プレフィックスの後ろに fiware-service ヘッダ が続くため、sth_openiot は IoT デバイスの履歴コンテキストを保持します。

サーバから履歴コンテキストを読み込む

クエリ :

use sth_openiot
show collections

結果 :

switched to db sth_openiot

sth_/_Door:001_Door
sth_/_Door:001_Door.aggr
sth_/_Lamp:001_Lamp
sth_/_Lamp:001_Lamp.aggr
sth_/_Motion:001_Motion
sth_/_Motion:001_Motion.aggr

sth_openiot 内を見ると、一連のテーブルが作成されていることがわかります。各テー ブルの名前は、sth_ プレフィックスの後に fiware-servicepath ヘッダとそれに続 くエンティティ id が続きます。各エンティティごとに 2 つのテーブルが作成されます 。.aggr テーブルには、後でチュートリアルでアクセスするいくつかの集計データが格 納されています。生データは、.aggr サフィックスなしのテーブルで見ることができま す。

履歴データは各テーブル内のデータを確認するで見ることができます。デフォルトでは、 各行には単一の属性のサンプリング値が含まれます。

クエリ :

db["sth_/_Door:001_Door"].find().limit(10)

結果 :

{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f7635d"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:30.897Z"), "attrName" : "TimeInstant", "attrType" : "ISO8601", "attrValue" : "2018-06-12T10:46:30.836Z" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f7635e"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:30.897Z"), "attrName" : "close_status", "attrType" : "commandStatus", "attrValue" : "UNKNOWN" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f7635f"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:30.897Z"), "attrName" : "lock_status", "attrType" : "commandStatus", "attrValue" : "UNKNOWN" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f76360"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:30.897Z"), "attrName" : "open_status", "attrType" : "commandStatus", "attrValue" : "UNKNOWN" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f76361"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:30.836Z"), "attrName" : "refStore", "attrType" : "Relationship", "attrValue" : "Store:001" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f76362"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:30.836Z"), "attrName" : "state", "attrType" : "Text", "attrValue" : "CLOSED" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f76363"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:45:26.368Z"), "attrName" : "unlock_info", "attrType" : "commandResult", "attrValue" : " unlock OK" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa48630c49e0012f76364"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:45:26.368Z"), "attrName" : "unlock_status", "attrType" : "commandStatus", "attrValue" : "OK" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa4c030c49e0012f76385"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:47:28.081Z"), "attrName" : "TimeInstant", "attrType" : "ISO8601", "attrValue" : "2018-06-12T10:47:28.038Z" }
{ "_id" : ObjectId("5b1fa4c030c49e0012f76386"), "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:47:28.081Z"), "attrName" : "close_status", "attrType" : "commandStatus", "attrValue" : "UNKNOWN" }

通常の MongoDB クエリ構文は、適切なフィールドと値をフィルタリングするために 使用できます。たとえば、id=Motion:001_Motionモーション・センサが蓄積し ているレートを読み取るには、次のようにクエリを作成します :

クエリ :

db["sth_/_Motion:001_Motion"].find({attrName: "count"},{_id: 0, attrType: 0, attrName: 0 } ).limit(10)

結果 :

{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:18.756Z"), "attrValue" : "8" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:36.881Z"), "attrValue" : "10" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:42.947Z"), "attrValue" : "11" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:46:54.893Z"), "attrValue" : "13" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:47:00.929Z"), "attrValue" : "15" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:47:06.954Z"), "attrValue" : "17" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:47:15.983Z"), "attrValue" : "19" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:47:49.090Z"), "attrValue" : "23" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:47:58.112Z"), "attrValue" : "25" }
{ "recvTime" : ISODate("2018-06-12T10:48:28.218Z"), "attrValue" : "29" }

MongoDB クライアントを離れて、インタラクティブ・モードを終了するには、次のコマン ドを実行します :

exit
exit

PostgreSQL - コンテキスト・データをデータベースに永続化

履歴データPostgreSQL などの代替データベースに保存するには、PostgreSQL サーバ をホストする追加のコンテナが必要です。このデータのデフォルトの Docker イメージを 使用できます。PostgreSQL インスタンスは標準 5432 ポートをリッスンしており、全 体のアーキテクチャは以下のようになります :

MongoDB コンテナには、Orion Context Broker と IoT Agent に関連するデータを保持す る必要があるため、2 つのデータベースを持つシステムが用意されています。

PostgreSQL - データベース・サーバの設定

postgres-db:
    image: postgres:latest
    hostname: postgres-db
    container_name: db-postgres
    expose:
        - "5432"
    ports:
        - "5432:5432"
    networks:
        - default
    environment:
        - "POSTGRES_PASSWORD=password"
        - "POSTGRES_USER=postgres"
        - "POSTGRES_DB=postgres"

postgres-db は、コンテナは単一のポートでリッスンします :

  • ポート 5432 は PostgreSQL サーバのデフォルト・ポートです。必要に応じてデー タベースのデータを表示する pgAdmin4 ツールを実行できるように公開されていま す

postgres-db は、次に示されているように環境変数によって制御されます :

キー 説明
POSTGRES_PASSWORD password PostgreSQL データベース・ユーザのパスワード
POSTGRES_USER postgres PostgreSQL データベース・ユーザのユーザ名
POSTGRES_DB postgres PostgreSQL データベースの名前

注: このようなプレーン・テキストの環境変数にユーザ名 とパスワードを渡すことはセキュリティ上のリスクです。 これはチュートリアルでは 許容される方法ですが、プロダクション環境では 、Docker Secrets を適用することでこのリスクを回避できます。

PostgreSQL - Cygnus の設定

cygnus:
    image: fiware/cygnus-ngsi:latest
    hostname: cygnus
    container_name: fiware-cygnus
    networks:
        - default
    depends_on:
        - postgres-db
    expose:
        - "5080"
    ports:
        - "5050:5050"
        - "5080:5080"
    environment:
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_HOST=postgres-db"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_PORT=5432"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_USER=postgres"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_PASS=password"
        - "CYGNUS_LOG_LEVEL=DEBUG"
        - "CYGNUS_SERVICE_PORT=5050"
        - "CYGNUS_API_PORT=5080"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_ENABLE_CACHE=true"

cygnus コンテナは、2 つのポートでリッスンしています :

  • Cygnus のサブスクリプション・ポート : 5050 は、サービスが Orion Context Broker からの通知をリッスンするポートです
  • Cygnus の管理ポート : 5080 は純粋にチュートリアルのアクセスのために公開さ れているため、cUrl または Postman は同じネットワークの一部ではなくプロビジョ ニング・コマンドを作成できます

cygnus コンテナは、次のように環境変数によって制御されます :

キー 説明
CYGNUS_POSTGRESQL_HOST postgres-db 履歴コンテキスト・データの永続化に使用される PostgreSQL サーバのホスト名
CYGNUS_POSTGRESQL_PORT 5432 PostgreSQL サーバがコマンドをリッスンするために使うポート
CYGNUS_POSTGRESQL_USER postgres PostgreSQL データベース・ユーザのユーザ名
CYGNUS_POSTGRESQL_PASS password PostgreSQL データベース・ユーザのパスワード
CYGNUS_LOG_LEVEL DEBUG Cygnus のログレベル
CYGNUS_SERVICE_PORT 5050 コンテキスト・データの変更をサブスクライブするときに Cygnus がリッスンする通知ポート
CYGNUS_API_PORT 5080 Cygnus が操作上の理由でリッスンするポート
CYGNUS_POSTGRESQL_ENABLE_CACHE true PostgreSQL 設定内でキャッシングを有効にするためのスイッチ

注: このようなプレーン・テキストの環境変数にユーザ名 とパスワードを渡すことはセキュリティ上のリスクです。 これはチュートリアルでは 許容される方法ですが、プロダクション環境では、CYGNUS_POSTGRESQL_USERCYGNUS_POSTGRESQL_PASS は 、Docker Secrets を使用して渡す必要があります。

PostgreSQL - 起動

PostgreSQL データベースを使用してシステムを起動するには、次のコマンドを実行 します :

./services postgres

Cygnus サービスの健全性をチェック

Cygnus が動作したら、公開されている CYGNUS_API_PORT ポートへの HTTP リクエスト を行うことでステータスを確認できます。レスポンスがブランクの場合、これは通常 、Cygnus が実行されていないか、別のポートでリッスンしているためです。

4 リクエスト :

curl -X GET \
  'http://localhost:5080/v1/version'

レスポンス :

レスポンスは次のようになります :

{
    "success": "true",
    "version": "1.8.0_SNAPSHOT.ed50706880829e97fd4cf926df434f1ef4fac147"
}

トラブルシューティング : レスポンスが空白の場合はどうなりますか?

  • Dokcer コンテナが動作していることを確認するには
docker ps

いくつかのコンテナが走っているのを確認してください。cygnus が実行されていな い場合は、必要に応じてコンテナを再起動できます。

コンテキスト・データの生成

このチュートリアルでは、コンテキストが定期的に更新されるシステムを監視する必要が あります。ダミー IoT センサを使用してこれを行うことができます 。http://localhost:3000/device/monitor でデバイス・モニタのページを開き、ス マート・ドアのロックを解除し、スマート・ランプをオンにします。これは、ドロ ップ・ダウン・リストから適切なコマンドを選択し、send ボタンを押すことによって 行うことができます。デバイスからの測定値のストリームは、同じページに表示されます :

コンテキスト変更のサブスクライブ

動的コンテキスト・システムが起動したら、Cygnus にコンテキストの変更を通知す る必要があります。

これは、Orion Context Broker の /v2/subscription エンドポイントに POST リクエ ストを行うことによって行われます。

  • fiware-servicefiware-servicepath ヘッダは、サブスクリプションをフィ ルタリングして、接続されている IoT センサからの測定値だけをリッスンするため に使用します。センサがこれらの設定を使用してプロビジョニングされているためで す
  • リクエスト・ボディの idPattern は、すべてのコンテキスト・データの変更が Cygnus に通知されるようにします
  • 通知 url は設定された CYGNUS_API_PORT と一致する必要があります
  • Cygnus は現在、古い NGSI v1 形式の通知のみを受け付けているため 、attrsFormat=legacy が必要です
  • throttling 値は、変更がサンプリングされる割合を定義します

5 リクエスト :

curl -iX POST \
  'http://localhost:1026/v2/subscriptions' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'fiware-service: openiot' \
  -H 'fiware-servicepath: /' \
  -d '{
  "description": "Notify Cygnus of all context changes",
  "subject": {
    "entities": [
      {
        "idPattern": ".*"
      }
    ]
  },
  "notification": {
    "http": {
      "url": "http://cygnus:5050/notify"
    },
    "attrsFormat": "legacy"
  },
  "throttling": 5
}'

ご覧のとおり、コンテキスト・データを保持するために使用されるデータベースは、サブ スクリプションの詳細に影響を与えません。各データベースで同じです。レスポンスは 201 - Created です。

PostgreSQL - データベースからデータを読み込む

コマンドラインから PostgreSQL データを読み取るには、postgres クライアントにア クセスする必要があります。これを行うには、コマンドライン・プロンプトを表示するた めに接続文字列を指定した postgresql-client イメージのインタラクティブなインス タンスを実行します :

docker run -it --rm  --network fiware_default jbergknoff/postgresql-client \
   postgresql://postgres:password@postgres-db:5432/postgres

PostgreSQL サーバ上で利用可能なデータベースを表示

使用可能なデータベースのリストを表示するには、次のように文を実行します :

クエリ :

\list

結果 :

   Name    |  Owner   | Encoding |  Collate   |   Ctype    |   Access privileges
-----------+----------+----------+------------+------------+-----------------------
 postgres  | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 |
 template0 | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 | =c/postgres          +
           |          |          |            |            | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 | =c/postgres          +
           |          |          |            |            | postgres=CTc/postgres
(3 rows)

結果には、2 つのテンプレート・データベース template0template1 と、Dokcer コンテナが起動したときの postgres データベースの設定が含まれています。

使用可能なスキーマのリストを表示するには、次のように文を実行します :

クエリ :

\dn

結果 :

  List of schemas
  Name   |  Owner
---------+----------
 openiot | postgres
 public  | postgres
(2 rows)

Orion Context Broker に Cygnus をサブスクリプションした結果、openiot という新 しいスキーマが作成されました。スキーマの名前は fiware-service ヘッダに一致しま す。したがって、openiot は、IoT デバイスの履歴コンテキストを保持します。

PostgreSQL サーバから履歴コンテキストを読み込む

Docker コンテナをネットワーク内で実行すると、実行中のデータベースに関する情報を 取得することができます。

クエリ :

SELECT table_schema,table_name
FROM information_schema.tables
WHERE table_schema ='openiot'
ORDER BY table_schema,table_name;

結果 :

 table_schema |    table_name
--------------+-------------------
 openiot      | door_001_door
 openiot      | lamp_001_lamp
 openiot      | motion_001_motion
(3 rows)

table_schema は、コンテキスト・データとともに提供される fiware-service ヘッ ダと一致します。

テーブル内のデータを読み込むには、次のように select 文を実行します :

クエリ :

SELECT * FROM openiot.motion_001_motion limit 10;

結果 :

  recvtimets   |         recvtime         | fiwareservicepath |  entityid  | entitytype |  attrname   |   attrtype   |        attrvalue         |                                    attrmd
---------------+--------------------------+-------------------+------------+------------+-------------+--------------+--------------------------+------------------------------------------------------------------------------
 1528803005491 | 2018-06-12T11:30:05.491Z | /                 | Motion:001 | Motion     | TimeInstant | ISO8601      | 2018-06-12T11:30:05.423Z | []
 1528803005491 | 2018-06-12T11:30:05.491Z | /                 | Motion:001 | Motion     | count       | Integer      | 7                        | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:30:05.423Z"}]
 1528803005491 | 2018-06-12T11:30:05.491Z | /                 | Motion:001 | Motion     | refStore    | Relationship | Store:001                | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:30:05.423Z"}]
 1528803035501 | 2018-06-12T11:30:35.501Z | /                 | Motion:001 | Motion     | TimeInstant | ISO8601      | 2018-06-12T11:30:35.480Z | []
 1528803035501 | 2018-06-12T11:30:35.501Z | /                 | Motion:001 | Motion     | count       | Integer      | 10                       | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:30:35.480Z"}]
 1528803035501 | 2018-06-12T11:30:35.501Z | /                 | Motion:001 | Motion     | refStore    | Relationship | Store:001                | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:30:35.480Z"}]
 1528803041563 | 2018-06-12T11:30:41.563Z | /                 | Motion:001 | Motion     | TimeInstant | ISO8601      | 2018-06-12T11:30:41.520Z | []
 1528803041563 | 2018-06-12T11:30:41.563Z | /                 | Motion:001 | Motion     | count       | Integer      | 12                       | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:30:41.520Z"}]
 1528803041563 | 2018-06-12T11:30:41.563Z | /                 | Motion:001 | Motion     | refStore    | Relationship | Store:001                | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:30:41.520Z"}]
 1528803047545 | 2018-06-12T11:30:47.545Z | /

通常の PostgreSQL クエリ構文を使用して、適切なフィールドと値をフィルタリング することができます。たとえば、id=Motion:001_Motionモーション・センサが 蓄積しているレートを読み取るには、次のようにクエリを作成します :

クエリ :

SELECT recvtime, attrvalue FROM openiot.motion_001_motion WHERE attrname ='count'  limit 10;

結果 :

         recvtime         | attrvalue
--------------------------+-----------
 2018-06-12T11:30:05.491Z | 7
 2018-06-12T11:30:35.501Z | 10
 2018-06-12T11:30:41.563Z | 12
 2018-06-12T11:30:47.545Z | 13
 2018-06-12T11:31:02.617Z | 15
 2018-06-12T11:31:32.718Z | 20
 2018-06-12T11:31:38.733Z | 22
 2018-06-12T11:31:50.780Z | 24
 2018-06-12T11:31:56.825Z | 25
 2018-06-12T11:31:59.790Z | 26
(10 rows)

Postgres クライアントを終了してインタラクティブ・モードを終了するには、次のコマ ンドを実行します :

\q

You will then return to the commmand line.

MySQL - コンテキスト・データをデータベースに永続化

同様に、履歴コンテキスト・データMySQL に永続化するには、MySQL サーバをホスト する追加のコンテナが必要になります。このデータのデフォルトの Docker イメージも使 用できます。MySQL インスタンスは標準 3306 ポートでリッスンしており、全体のアー キテクチャは以下のようになります :

MongoDB コンテナは、Orion Context Broker と IoT Agent に関連するデータを保持する 必要があるため、2 つのデータベースを持つシステムがあります。

MySQL - データベース・サーバの設定

mysql-db:
    restart: always
    image: mysql:5.7
    hostname: mysql-db
    container_name: db-mysql
    expose:
        - "3306"
    ports:
        - "3306:3306"
    networks:
        - default
    environment:
        - "MYSQL_ROOT_PASSWORD=123"
        - "MYSQL_ROOT_HOST=%"

注: デフォルトの root ユーザを使用し、このような環 境変数にパスワードを表示することはセキュリティ上のリスクです。これはチュートリ アルでは受け入れられるものですが、本番環境では別のユーザを設定して Docker Secrets を適用することでこのリスクを回避できます。

mysql-db コンテナは、単一ポートで待機しています :

  • ポート 3306 は MySQL サーバのデフォルト・ポートです。これは公開されている ので、必要に応じて他のデータベース・ツールを実行してデータを表示することもで きます

mysql-db コンテナは、次のように環境変数によって制御されます :

キー 説明
MYSQL_ROOT_PASSWORD 123 MySQL root アカウントに設定されているパスワードを指定します
MYSQL_ROOT_HOST postgres デフォルトでは、MySQL によって root'@'localhost アカウントが作成されます。このアカウントはコンテナ内からのみ接続できます。この環境変数を設定すると、他のホストからのルート接続が可能になります

MySQL - Cygnus の設定

cygnus:
    image: fiware/cygnus-ngsi:latest
    hostname: cygnus
    container_name: fiware-cygnus
    networks:
        - default
    depends_on:
        - mysql-db
    expose:
        - "5080"
    ports:
        - "5050:5050"
        - "5080:5080"
    environment:
        - "CYGNUS_MYSQL_HOST=mysql-db"
        - "CYGNUS_MYSQL_PORT=3306"
        - "CYGNUS_MYSQL_USER=root"
        - "CYGNUS_MYSQL_PASS=123"
        - "CYGNUS_LOG_LEVEL=DEBUG"
        - "CYGNUS_SERVICE_PORT=5050"
        - "CYGNUS_API_PORT=5080"

注: このようなプレーン・テキストの環境変数にユーザ名 とパスワードを渡すことはセキュリティ上のリスクです。 これはチュートリアルでは 許容される方法ですが、プロダクション環境では、CYGNUS_MYSQL_USERCYGNUS_MYSQL_PASS は 、Docker Secrets を使用して渡す必要があります。

cygnus コンテナは、2 つのポートでリッスンしています :

  • Cygnus のサブスクリプション・ポート : 5050 は、サービスが Orion context broker からの通知をリッスンするポートです
  • Cygnus の管理ポート : 5080は、純粋にチュートリアル・アクセスのために公開さ れているため、cUrl または Postman は同じネットワークの一部ではなくプロビジョ ニング・コマンドを作成できます

cygnus コンテナは、図のように環境変数によって制御されます :

キー 説明
CYGNUS_MYSQL_HOST mysql-db Hostname of the MySQL server used to persist historical context data
CYGNUS_MYSQL_PORT 3306 Port that the MySQL server uses to listen to commands
CYGNUS_MYSQL_USER root Username for the MySQL database user
CYGNUS_MYSQL_PASS 123 Password for the MySQL database user
CYGNUS_LOG_LEVEL DEBUG The logging level for Cygnus
CYGNUS_SERVICE_PORT 5050 Notification Port that Cygnus listens when subcribing to context data changes
CYGNUS_API_PORT 5080 Port that Cygnus listens on for operational reasons

MySQL - 起動

MySQL データベースを使用してシステムを起動するには、次のコマンドを実行します :

./services mysql

Cygnus サービスの健全性をチェック

Cygnus が動作したら、公開されている CYGNUS_API_PORT ポートへの HTTP リクエスト を行うことでステータスを確認できます。レスポンスがブランクの場合、これは通常 、Cygnus が実行されていないか、別のポートでリッスンしているためです。

6 リクエスト :

curl -X GET \
  'http://localhost:5080/v1/version'

レスポンス :

レスポンスは次のようになります :

{
    "success": "true",
    "version": "1.8.0_SNAPSHOT.ed50706880829e97fd4cf926df434f1ef4fac147"
}

トラブルシューティング : レスポンスが空白の場合はどうなりますか?

  • Dokcer コンテナが動作していることを確認するには :
docker ps

いくつかのコンテナが走っているのを確認してください。cygnus が実行されていな い場合は、必要に応じてコンテナを再起動できます。

コンテキスト・データの生成

このチュートリアルでは、コンテキストが定期的に更新されるシステムを監視する必要が あります。ダミー IoT センサを使用してこれを行うことができます 。http://localhost:3000/device/monitor でデバイス・モニタのページを開き、ス マート・ドアのロックを解除し、スマート・ランプをオンにします。これは、ドロ ップ・ダウン・リストから適切なコマンドを選択し、send ボタンを押すことによって 行うことができます。デバイスからの測定値のストリームは、同じページに表示されます :

コンテキスト変更のサブスクライブ

動的コンテキスト・システムが起動したら、Cygnus にコンテキストの変更を通知する必 要があります。

これは、Orion Context Broker の /v2/subscription エンドポイントに POST リクエ ストを行うことによって行われます。

  • fiware-servicefiware-servicepath ヘッダは、サブスクリプションをフィ ルタリングして、接続されている IoT センサからの測定値だけをリッスンするため に使用します。センサがこれらの設定を使用してプロビジョニングされているためで す
  • リクエスト・ボディの idPattern は、すべてのコンテキスト・データの変更が Cygnus に通知されるようにします
  • 通知 url は設定された CYGNUS_API_PORT と一致する必要があります
  • Cygnus は現在、古い NGSI v1 形式の通知のみを受け付けているため 、attrsFormat=legacy が必要です
  • throttling 値は、変更がサンプリングされる割合を定義します

7 リクエスト :

curl -iX POST \
  'http://localhost:1026/v2/subscriptions' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'fiware-service: openiot' \
  -H 'fiware-servicepath: /' \
  -d '{
  "description": "Notify Cygnus of all context changes",
  "subject": {
    "entities": [
      {
        "idPattern": ".*"
      }
    ]
  },
  "notification": {
    "http": {
      "url": "http://cygnus:5050/notify"
    },
    "attrsFormat": "legacy"
  },
  "throttling": 5
}'

ご覧のとおり、コンテキスト・データを保持するために使用されるデータベースは、サブ スクリプションの詳細に影響を与えません。各データベースで同じです。レスポンスは 201 - Created です。

MySQL - データベースからデータを読み込む

コマンドラインから MySQL データを読み込むには、mysql クライアントにアクセスす る必要があります。これを行うには、コマンドライン・プロンプトを表示するために接続 文字列を指定した mysql イメージのインタラクティブなインスタンスを実行します :

docker exec -it  db-mysql mysql -h mysql-db -P 3306  -u root -p123

MySQL サーバ上で利用可能なデータベースを表示

使用可能なデータベースのリストを表示するには、次のように文を実行します :

クエリ :

SHOW DATABASES;

結果 :

+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| openiot            |
| performance_schema |
| sys                |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

使用可能なスキーマのリストを表示するには、次のように文を実行します :

クエリ :

SHOW SCHEMAS;

結果 :

+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| openiot            |
| performance_schema |
| sys                |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

Orgn Context Broker に Cygnus をサブスクリプションした結果、openiot という新し いスキーマが作成されました。スキーマの名前は fiware-service ヘッダに一致します 。したがって、openiot は、IoT デバイスの履歴コンテキストを保持します。

MySQL サーバから履歴コンテキストを読み込む

Docker コンテナをネットワーク内で実行すると、実行中のデータベースに関する情報を 取得することができます。

クエリ :

SHOW tables FROM openiot;

結果 :

 table_schema |    table_name
--------------+-------------------
 openiot      | door_001_door
 openiot      | lamp_001_lamp
 openiot      | motion_001_motion
(3 rows)

table_schema は、コンテキスト・データとともに提供される fiware-service ヘッ ダと一致します。

テーブル内のデータを読み込むには、次のように select 文を実行します :

クエリ :

SELECT * FROM openiot.Motion_001_Motion limit 10;

結果 :

+---------------+-------------------------+-------------------+------------+------------+-------------+--------------+--------------------------+------------------------------------------------------------------------------+
| recvTimeTs    | recvTime                | fiwareServicePath | entityId   | entityType | attrName    | attrType     | attrValue                | attrMd                                                                       |
+---------------+-------------------------+-------------------+------------+------------+-------------+--------------+--------------------------+------------------------------------------------------------------------------+
| 1528804397955 | 2018-06-12T11:53:17.955 | /                 | Motion:001 | Motion     | TimeInstant | ISO8601      | 2018-06-12T11:53:17.923Z | []                                                                           |
| 1528804397955 | 2018-06-12T11:53:17.955 | /                 | Motion:001 | Motion     | count       | Integer      | 3                        | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:53:17.923Z"}] |
| 1528804397955 | 2018-06-12T11:53:17.955 | /                 | Motion:001 | Motion     | refStore    | Relationship | Store:001                | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:53:17.923Z"}] |
| 1528804403954 | 2018-06-12T11:53:23.954 | /                 | Motion:001 | Motion     | TimeInstant | ISO8601      | 2018-06-12T11:53:23.928Z | []                                                                           |
| 1528804403954 | 2018-06-12T11:53:23.954 | /                 | Motion:001 | Motion     | count       | Integer      | 5                        | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:53:23.928Z"}] |
| 1528804403954 | 2018-06-12T11:53:23.954 | /                 | Motion:001 | Motion     | refStore    | Relationship | Store:001                | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:53:23.928Z"}] |
| 1528804409970 | 2018-06-12T11:53:29.970 | /                 | Motion:001 | Motion     | TimeInstant | ISO8601      | 2018-06-12T11:53:29.948Z | []                                                                           |
| 1528804409970 | 2018-06-12T11:53:29.970 | /                 | Motion:001 | Motion     | count       | Integer      | 7                        | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:53:29.948Z"}] |
| 1528804409970 | 2018-06-12T11:53:29.970 | /                 | Motion:001 | Motion     | refStore    | Relationship | Store:001                | [{"name":"TimeInstant","type":"ISO8601","value":"2018-06-12T11:53:29.948Z"}] |
| 1528804446083 | 2018-06-12T11:54:06.83  | /                 | Motion:001 | Motion     | TimeInstant | ISO8601      | 2018-06-12T11:54:06.062Z | []                                                                           |
+---------------+-------------------------+-------------------+------------+------------+-------------+--------------+--------------------------+------------------------------------------------------------------------------+

通常の MySQL クエリ構文を使用して、適切なフィールドと値をフィルタリングする ことができます。たとえば、id=Motion:001_Motionモーション・センサが蓄積 しているレートを読み取るには、次のようにクエリを作成します :

クエリ :

SELECT recvtime, attrvalue FROM openiot.Motion_001_Motion WHERE attrname ='count' LIMIT 10;

結果 :

+-------------------------+-----------+
| recvtime                | attrvalue |
+-------------------------+-----------+
| 2018-06-12T11:53:17.955 | 3         |
| 2018-06-12T11:53:23.954 | 5         |
| 2018-06-12T11:53:29.970 | 7         |
| 2018-06-12T11:54:06.83  | 12        |
| 2018-06-12T11:54:12.132 | 13        |
| 2018-06-12T11:54:24.177 | 14        |
| 2018-06-12T11:54:36.196 | 16        |
| 2018-06-12T11:54:42.195 | 18        |
| 2018-06-12T11:55:24.300 | 23        |
| 2018-06-12T11:55:30.350 | 25        |
+-------------------------+-----------+
10 rows in set (0.00 sec)

MySQL クライアントを終了し、インタラクティブ・モードを終了するには、次のコマンド を実行します :

\q

その後、コマンドラインに戻ります。

マルチ・エージェント - 複数のデータベースへのコンテキスト・データの永続化

また、複数のデータベースを同時に設定するように Cygnus を設定することもできます。 以前の 3 つの例のアーキテクチャを組み合わせて、複数のポートでリッスンするように cygnus を構成することができます

現在、データ永続化のための PostgreSQL と MySQL と、データ永続化と Orion Context Broker と IoT Agent に関連するデータ永続化の両方のための MongoDB という 3 つのデ ータベースのシステムを持っています。

マルチ・エージェント - 複数のデータベースのための Cygnus 設定

cygnus:
    image: fiware/cygnus-ngsi:latest
    hostname: cygnus
    container_name: fiware-cygnus
    depends_on:
        - mongo-db
        - mysql-db
        - postgres-db
    networks:
        - default
    expose:
        - "5080"
        - "5081"
        - "5084"
    ports:
        - "5050:5050"
        - "5051:5051"
        - "5054:5054"
        - "5080:5080"
        - "5081:5081"
        - "5084:5084"
    environment:
        - "CYGNUS_MULTIAGENT=true"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_HOST=postgres-sb"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_PORT=5432"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_USER=postgres"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_PASS=password"
        - "CYGNUS_POSTGRESQL_ENABLE_CACHE=true"
        - "CYGNUS_MYSQL_HOST=mysql-db"
        - "CYGNUS_MYSQL_PORT=3306"
        - "CYGNUS_MYSQL_USER=root"
        - "CYGNUS_MYSQL_PASS=123"
        - "CYGNUS_LOG_LEVEL=DEBUG"

マルチ・エージェントのモードでは、cygnus コンテナは複数のポートで待機していま す :

  • このサービスは、Orion Context Broker からの通知用ポート 5050-5055 でリッス ンします
  • 管理ポート 5080-5085 はチュートリアル・アクセスのためだけに公開されている ため、cUrl または Postman は同じネットワークの一部ではなくプロビジョニング・ コマンドを作成できます

以下に、デフォルトのポート・マッピングを示します :

sink port admin_port
mysql 5050 5080
mongo 5051 5081
ckan 5052 5082
hdfs 5053 5083
postgresql 5054 5084
cartodb 5055 5085

CKAN、HDFS、または CartoDB データを保持していないため、これらのポートを開く必要 はありません。

cygnus コンテナは、次のように環境変数によって制御されます :

キー 説明
CYGNUS_MULTIAGENT true データを複数のデータベースに保持するかどうか
CYGNUS_MONGO_HOSTS mongo-db:27017 Cygnus が履歴コンテキスト・データを保持するために接続する MongoDB サーバのカンマ区切りリスト
CYGNUS_POSTGRESQL_HOST postgres-db 履歴コンテキスト・データの永続化に使用される PostgreSQL サーバのホスト名
CYGNUS_POSTGRESQL_PORT 5432 PostgreSQL サーバがコマンドをリッスンするために使うポート
CYGNUS_POSTGRESQL_USER postgres PostgreSQL データベース・ユーザのユーザ名
CYGNUS_POSTGRESQL_PASS password PostgreSQL データベース・ユーザのパスワード
CYGNUS_MYSQL_HOST mysql-db 履歴コンテキスト・データの永続化に使用される MySQL サーバのホスト名
CYGNUS_MYSQL_PORT 3306 MySQL サーバがコマンドをリッスンするために使用するポート
CYGNUS_MYSQL_USER root MySQL データベース・ユーザのユーザ名
CYGNUS_MYSQL_PASS 123 MySQL データベース・ユーザのパスワード
CYGNUS_LOG_LEVEL DEBUG Cygnus のログレベル

マルチ・エージェント - 起動

複数のデータベースを使用してシステムを起動するには、次のコマンドを実行します :

./services multiple

Cygnus サービスの健全性をチェック

Cygnus が動作したら、公開されている CYGNUS_API_PORT ポートへの HTTP リクエスト を行うことでステータスを確認できます。レスポンスがブランクの場合、これは通常 、Cygnus が実行されていないか、別のポートでリッスンしているためです。

8 リクエスト :

curl -X GET \
  'http://localhost:5080/v1/version'

レスポンス :

レスポンスは次のようになります

{
    "success": "true",
    "version": "1.8.0_SNAPSHOT.ed50706880829e97fd4cf926df434f1ef4fac147"
}

トラブルシューティング : レスポンスが空白の場合はどうなりますか?

  • Dokcer コンテナが動作していることを確認するには :
docker ps

いくつかのコンテナが走っているのを確認してください。cygnus が実行されていな い場合は、必要に応じてコンテナを再起動できます。

コンテキスト・データの生成

このチュートリアルでは、コンテキストが定期的に更新されるシステムを監視する必要が あります。ダミー IoT センサを使用してこれを行うことができます 。http://localhost:3000/device/monitor でデバイス・モニタのページを開き、ス マート・ドアのロックを解除し、スマート・ランプをオンにします。これは、ドロ ップ・ダウン・リストから適切なコマンドを選択し、send ボタンを押すことによって 行うことができます。デバイスからの測定値のストリームは、同じページに表示されます :

コンテキスト変更のサブスクライブ

動的コンテキスト・システムが起動したら、Cygnus にコンテキストの変更を通知す る必要があります。

これは、Orion Context Broker の /v2/subscription エンドポイントに POST リクエ ストを行うことによって行われます。

  • fiware-servicefiware-servicepath ヘッダは、サブスクリプションをフィ ルタリングして、接続されている IoT センサからの測定値だけをリッスンするため に使用します
  • 通知 url は設定された CYGNUS_API_PORT と一致する必要があります
  • Cygnus は現在、古い NGSI v1 形式の通知のみを受け付けているため 、attrsFormat=legacy が必要です
  • throttling 値は、変更がサンプリングされる割合を定義します

マルチ・エージェント・モードで実行している場合、各サブスクリプションの通知 url は、指定されたデータベースのデフォルトと一致する必要があります。

デフォルトのポートマッピングを以下に示します :

sink port
mysql 5050
mongo 5051
ckan 5052
hdfs 5053
postgresql 5054
cartodb 5055

このサブスクリプションはポート 5050 を使用しているため、コンテキスト・データは 最終的に、MySQL データベースに永続化されます。

9 リクエスト :

curl -iX POST \
  'http://localhost:1026/v2/subscriptions' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'fiware-service: openiot' \
  -H 'fiware-servicepath: /' \
  -d '{
  "description": "Notify Cygnus of all context changes for MySQL on port 5050",
  "subject": {
    "entities": [
      {
        "idPattern": ".*"
      }
    ]
  },
  "notification": {
    "http": {
      "url": "http://cygnus:5050/notify"
    },
    "attrsFormat": "legacy"
  },
  "throttling": 5
}'

ご覧のとおり、コンテキスト・データを保持するために使用されるデータベースは、サブ スクリプションの詳細に影響を与えません。各データベースで同じです。レスポンスは 201 - Created です。

マルチ・エージェント - 永続化データの読み込み

添付されたデータベースから永続化されたデータを読み込むには、このチュートリアルの 前のセクションを参照してください。

?このシリーズ の他のチュートリアルを読むことで見 つけることができます :


License

MIT © 2018-2019 FIWARE Foundation e.V.